読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアリズムと防衛ブログ

防衛ってそういうことだったのかブログ。国際関係論や安全保障論について、本の感想などを書いています。

成城石井で売ってる新しいフルーツミューズリーが美味しかった(ハーネ マルチフルーツミューズリー)

f:id:zyesuta:20150713223027g:plain

近くの成城石井で新しい銘柄のミューズリーを売っていたので、買ってみました。その名は「ハーネ マルチフルーツミューズリー」

総評

聞いたことのない銘柄でしたが、ものは試し。食べてみると、これがなかなか美味しかったです。

オーソドックスなフルーツミューズリーですが、果実の種類が豊富なうえ、切り方もほどよく、好印象でした。

小麦の美味しさはふつう。可もなく、不可もなくといったところ。それも、フルーツミューズリーとしては悪くないと思います。

コストパフォーマンスも悪くはありません。他の種類も試してみたい銘柄です。

成分組成

組成は、オーソドックスなフルーツミューズリー。

レーズン

バナナチップ

イチジク

デーツ

アプリコット

りんご

プラム

と、各種のドライフルーツがバランスよく入っています。

安価なフルーツミューズリーと比較すると、種類が多め

これを廉価ですが味はそこそこの「カントリーファーム フルーツミューズリー」と比較します。

カントリーファーム フルーツミューズリー 750g

カントリーファーム フルーツミューズリー 750g

 

カントリーファームは安価ながら、バナナ、レーズン など基本的な果実は入っています。

しかし、ハーネはそれらに加え「アプリコット」「梨」「デーツ」と3種類も多く入っています。多種の果実が混ざることで、味が複雑になり、美味しさを増しています。

全体の調和は、良い

世の中には、甘い果実ばかりを揃え、砂糖の効かせすぎのバナナチップスやコーンフレークに・・・というフルーツミューズリーもあります。ミューズリーが麦ばかりで食べずらいなら、甘く甘くお菓子おようにしてしまう発想です。いかにも単調です。

この「ハーネ マルチフルーツミューズリー」の場合、甘い果実が多い中に、アプリコットやデーツのように若干の酸っぱさがある果実が混じってアクセントとなり、全体の味わいがよくなっています。甘さ一辺倒ではないために、かえって果実の素朴な甘みが引き立ちます。

混じるといえば、バナナチップスの切り方も良好。一部のフルーツミューズリーは、バナナチップスをほとんど輪切りのまま入れている例があります。これは、よくありません。バナナが他のフルーツに比べて大きすぎ、均等にまざらず、味わいが悪くなります。ミューズリーを食べているのか、ドライバナナを齧っているのか分からず、興ざめというものです。

そこへいくとハーネは、輪切りのバナナチップスが四分の一ほどに砕かれています。大きすぎず小さすぎず。全体の調和を守っているといえるでしょう。

麦の味わいは普通(良い意味で)

次に麦です。ミューズリーとは麦を食べるもの。フルーツミューズリーといえど、麦が不味くては、日々食するには適しません。

安価なミューズリーは概して、麦の味が劣るものが多いです。逆に私が一押しのアララ社のミューズリーは、麦の美味しさが際立っています。お米でいえば、何年も前の古米と、精米したての新米の違いです。

そこへいくと、ハーネのマルチフルーツミューズリーの麦は、ふつうです。印象に残るほど美味しく麦ではありません。

これがフルーツミューズリーだということを考えれば、悪くはないのかも。フルーツの多彩さを前に立て、本来の主役である麦は敢えてワキに引いて見せたかっこう。なかなか良いのではないでしょうか。

しかしこれ、フルーツミューズリーだからいいけれど、もっと麦が全面に立つ組成のミューズリーだと、いささか味が弱くなってしまうのではと気になります。

価格帯

「ハーネ マルチフルーツミューズリー」の価格帯としては、カントリーファームよりは高く、アララよりは若干安い程度。中堅どころといえるでしょう。

常食するから安いミューズリーがいいが、カントリーファームでは物足りない、という人にオススメできます。

購入経路

楽天、アマゾン、朝食館では同じ銘柄が見つけられませんでした。お求めは近くの成城石井でどうぞ。

関連記事