読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアリズムと防衛ブログ

防衛ってそういうことだったのかブログ。国際関係論や安全保障論について、本の感想などを書いています。

「対空ミサイル・コンプレックス」とは何か

韓国が新型の対空兵器を開発したことが一部で話題になっているようです。 韓国は低空飛行体を撃滅する多目的地対空ミサイル・コンプレックスを開発した。27日、国防兵器購入を担当する国家機関の発表をもとに、聯合通信が報じた。(ソース) これを「コンプ…

戦車と装甲車はどう違うのか?  ヨムキプル戦争4

十月戦争をとりあげるシリーズです。日本では第四次中東戦争と呼ばれているこの戦いは、エジプト・シリア軍がイスラエルを奇襲したことで始まりました(その1)。イスラエル自慢の戦車部隊はエジプトが大量にそろえた対戦車兵器によって敗退します(その2…

レーザー砲がつげる宇宙戦争の時代

アメリカが空中レーザー(ABL:Airborne Laser)による弾道ミサイル破壊実験に成功しました。(NYT)うちのブログは時事的なことや兵器の話題は苦手なので余りとりあげないのですが、これはさすがにスルーしかねます。 ABL(空中レーザー)とは何か? ABLはミサ…

戦艦と軍艦と護衛艦はなにが違うのか?

先のエントリは、多くの皆様が読んでくださったようで、ありがとうございます。なぜ護衛艦”くらま”はコンテナ船よりも脆いのか? - リアリズムと防衛を学ぶところが、私の配慮不足があったようですブックマークコメント欄ほかで、「なるほど、現代の『戦艦』…

なぜ護衛艦”くらま”はコンテナ船よりも脆いのか?

民間船より護衛艦の方が弱い?護衛艦”くらま”と韓国のコンテナ船が衝突事故を起こしました。くらまの船首が、コンテナ船に突き刺さったかっこうです。両艦船ともに破損しました。ところが壊れ方をみると、なんと民間のコンテナ船よりも、軍用艦である”くらま…

なぜ日本に戦車が必要か?part2 日本の地形と戦車

このシリーズは「日本って何で戦車が必要なの?」という素朴で既出な疑問をいまさら問い直す企画です。今回はpart2となりますが、ここからお読みになってもだいたい大丈夫です。 今回は「日本国土の地形では戦車は役に立たないのではないか?」という疑問に…

日本は島国なのになぜ戦車が必要なのか? part1

陸自の90式戦車(朝霞広報センター)「戦車不要論」というものがあります。「陸上自衛隊が戦車なんか保有するのはムダだ」というような意見です。結論から言えば、これは余りに無茶な考えです。ですがこれを批判するのはなかなか大変です。「なぜ1+1=2…

なぜどこの国も空母(航空母艦)を持ちたがるのか?

中国が空母(航空母艦)を保有しようとしている、というニュースが話題になってます。インドも国産の空母の建造を開始しました。以前から空母を持っているイギリス、フランス、ロシアも新型空母の建造を計画中です。 イギリスが計画中のクイーンエリザベス級…