読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアリズムと防衛ブログ

防衛ってそういうことだったのかブログ。国際関係論や安全保障論について、本の感想などを書いています。

読んだ本「英EU離脱 どう変わる日本と世界」

読んだ本

 

英EU離脱 どう変わる日本と世界 経済学が教えるほんとうの勝者と敗者

英EU離脱 どう変わる日本と世界 経済学が教えるほんとうの勝者と敗者

 

 欧州経済の近況まとめ本

安達誠司氏の新刊を読み終えました。書名では「英国のEU離脱」に焦点があたっていますが、本の内容はその他の諸点も含めた「最近の欧州経済に関するトピック全部載せ」です。最近話題になった各種の大ニュースを著者の明快な論理で解釈し、そこから今後の欧州経済のゆくえと日本への影響を予測しています。

書名から、英国のEU離脱問題の解説書だと思って買った人がいれば、論点が様々に移ることに戸惑うかもしれません。

また、編集と校閲が不十分であり、本としては生煮えな印象です。急いで作った本だからでしょう。

本としては生煮えな印象

編集が行き届いていない印象を受けます。様々なトピックに議論が拡散し、内容が散漫です。各章の論理的なつながりが不均一で、まとまりに欠けます。

本書と同じく欧州経済を取り上げた過去作「ユーロの正体 通貨がわかれば、世界が読める」が、多角的にユーロの抱える問題を明らかにしていました。そのため、古い新書でありながら、ユーロが存続する限りいつまでも古びない価値を持った本です。

比べて本書は、「最近のトピックと、そこから考えられるごく近い未来の予測」であり、賞味期限の短い本になってしまっています。

例えば円高の原因や為替の均衡点などへの言及を大部分割愛して別の本にし、英国とEU経済への議論に焦点を絞るなど、企画段階で内容を絞り込んだ方が良い本になったのではないかと思います。

論旨は明快だが、文が不明瞭

文章に推敲、校閲の手が入りきっておらず、全体的に読み辛い文章になっています。例えばドイツ経済に関する以下の段落です。

ドイツが国際貿易において高い競争力を有する産業は自動車や機械であるが 、この多くは日本企業と競合する分野である 。例えば自動車産業のプレゼンスをみると 、日本企業と比較して 、ドイツ企業 (フォルクスワ ーゲンや B M Wなど )のプレゼンスが圧倒的に高い 。これは日中関係が冷え込んでいることも影響しているが 、それよりも 、為替レ ートの要因が強いように思える 。すなわちドイツにとって 「ユ ーロ危機 」の影響は 、経済にとってはプラスに作用してきたのだ 。

青字部分は、「中国市場における」という限定が抜けています。この段落だけ見ると、世界市場でドイツ企業のプレゼンスが圧倒的なように読めます。

もちろん、この前段落からの流れ、青字部分の次の文で日中関係に言及していること及び青字部分の内容から「中国市場の話をしているのだろうな」ということは考えればすぐに分かります。

しかし、前後の文脈を酌まねば誤読しかねない文の作りであり、不親切です。このような作り込みの甘い文や段落が散見されるため、すらすらとは頭に入らない本になってしまっています。

著者の論理は極めて明快なのに、文のつくりの不明瞭なため、読み難い本になっています。

にも関わらず、買ってよかった理由は著者

私は安達誠司氏の本は「デフレは終わるのか」以降みな買っており、その議論と視点を努めてリアルタイムに追いかけたい識者の一人だと考えています。

その観点からすると、論点があちこちにいくのは著者の最近の思考に幅広く触れられるのはメリットになります。

また、欧州の国際関係には興味はないが、それが今後の経済に与える影響を手早く知りたい、という人には勧められます。

ただし、過去作を読んでいない人は、同じく欧州経済について論じた「ユーロの正体」と併せて読むことをお勧めします。

 

ユーロの正体 通貨がわかれば、世界が読める

ユーロの正体 通貨がわかれば、世界が読める

 

 

 

中学生から読める洋書「ガンジー物語」(ラダーブックス)

読んだ本

ガンジー・ストーリー The Gandhi Story (ラダーシリーズ Level 1)

ガンジー・ストーリー The Gandhi Story (ラダーシリーズ Level 1)

最近、英語を読むのが以前より億劫に感じるので、これはいかんと思ってごく簡単な英文を読む時間を作っています。
まずは、以前から気になっていたラダーシリーズを試してみました。各レベル1冊ずつ買ってみて、様子見をしています。
ラダーシリーズとは、語彙を段階的に制限して書かれた本のシリーズ。英語を英語の語順のまま理解できるようになるための、英文多読のスタートに適しています。
もっとも簡単なレベル1では、1000語のみ、つまりはgoとかworkとか、中学校で習う英単語のみで書かれています。

どうせなら、もともと興味がある内容の方が読み易いだろうと思い、歴史物を選びました。この本ではガンジーの伝記なのですが、だいたいのガンジーの努力はwork hardで済ませています。

本書を読んで思ったことは2つ。一つは、こう書けばこれだけ簡単に表現できるんだ、これでいいんだ、ということ。
もう一つは、簡単な言葉で書かれていても、面白いものは面白いのだ、ということ。

思い返せば、子供のころ、図書室や図書館にあった「偉人の伝記」やら「なんとかの歴史」の類は、ごく簡単に書かれてはいても、確かに面白かったものです。

本書を読んで、話の面白い、面白くないは語彙や表現の難しさには関係ないのだな、と思いました。難しい単語や表現を使わないとどうしても表せないものはあるにしても、だいたいのことは簡単に言っても内容はかわらないものです。簡単な言葉に置き換えると味気なくなるような話であれば、それはもともと中身が無いものを、もっともらしく装っているだけなのでしょう。

そんなことを思いながらさらさらと読みました。レベル2以降も試してみようと思います。

ガンジー・ストーリー The Gandhi Story (ラダーシリーズ Level 1)

ガンジー・ストーリー The Gandhi Story (ラダーシリーズ Level 1)



読んだ本「自衛権の基層 国連憲章に至る歴史的展開」

読んだ本
自衛権の基層―国連憲章に至る歴史的展開

自衛権の基層―国連憲章に至る歴史的展開

 

タイムラインにでてきたので読んでみました。私は何であれ歴史的な起源や経緯に迫るものを読むのが好きなのですが、本書は「自衛権」という概念が歴史の中でどのように意味と使われ方を変えてきたかを書いています。

なお、著者の博士論文をもとにした本であり、もとの論文の要旨はこちら

現代の自衛権は「武力行使の禁止」の例外

現代では、自衛権は国連憲章に明文化されています。国連憲章は二度の世界大戦の反省から、国連加盟国の「武力の行使」を禁止しています。この例外は、国連による強制行動(いわゆる国連軍)のほか、自衛権を行使する場合のみです。

国連憲章の自衛権は、不戦条約以降の戦間期に固まってきたようです。戦争が禁止された世界で、しかし例外的に自衛の場合だけは戦ってもよい、という考えです。

なぜならすべての戦争を禁止してしまうと、世界の中のただ一国が条約をやぶって侵略戦争を開始したとき、他の国がそれに対抗して自分たちを守るために防衛戦争をやることもできなくなり、侵略者のやりたい放題だからです。

世界大戦を経て「武力の行使は禁止だ」という強力な規範ができました。その中で例外的に武力行使を正当化できるケースが、自衛権の行使。著者はこれを「防衛戦争型自衛権」と呼びます。

ここまではわかる話なのですが、私が本書の中で面白く感じたのはそれ以前、「戦争が禁止されていない時代の自衛権」が何を正当化するために用いられる権利だったのか、です。

第一次大戦以前の自衛権は「国境の不可侵」の例外

著者が「自衛権」を根拠として用いている判例や事例を仔細に検討した結果、不戦条約以前、すなわちその契機たる第一次世界大戦以前の自衛権は、国境を越えた警察行動を正当化するために用いられていました。

第一次世界大戦以前、無差別戦争観の時代には、開戦は国家の権利でした。戦争や武力の行使を禁止する規範はありません。そのかわり存在した強力な規範が国境の不可侵性です。ウェストファリア条約以降、国家はその域内に対して他の干渉をはばく権利、対外主権を有します。これは絶対的なものです。

(一方、現代に近づき、人道的介入だ保護する責任だと言い始めると、国家の主権よりも基本的人権や自由といった普遍的価値が重んじられ、虐げられたる人々を救うためなら国境を越えて介入することが認められてきています。国家の主権を盾にして、国家が人間の権利を踏みにじることが許されなくなりつつあるのです。)

不可侵のものである国境、それを軍事力で踏み越えるのは他国の主権の侵害であり、不当です。しかしその例外が、自衛権を行使して他国内の反自国武力グループを掃討する場合です。

国境線の向こうに、国軍ではない武力集団、現代でいえばISやアルカイダのようなものが居ついている。それが国境を越えて自国を攻撃している。かつ、他国の政府はその武力集団を鎮圧する能力を持っていない・・・というようなとき。攻撃を受けている国は、それでも国境は越えられないからと泣き寝入りをし、国民が殺されるままにならないといけないのでしょうか? 

いいえ、そうではない、そういうときは国境を踏み越えて、他国領内でその限られた目的のためだけに軍隊を活動させてもよいのだ、という説明です。著者はこれを「治安回復型自衛権」と呼びます。

その自衛権は何を正当化しているのか

例外がないルールは無い、といいます。自衛権はルールに対する例外、「普通は禁止されているこの行為。でもこれは自衛のためだから良いのだ」という正当化装置です。

第一次世界大戦以前と国連憲章以降では、正当化装置が向けられる先、すなわちそれぞれの時期で国家を縛る国際社会の強力な規範が「国境の不可侵」と「武力行使の禁止」で異なります。前者は国境を越えた警察行動を正当化し、後者は国境を越えるか否かに関わらず防衛戦争を正当化するために、自衛権が用いられました。

しかし、いずれにせよ、例外的に何らかの行動を正当化する装置として自衛権の行使という主張が使われました。

これは必ずしも不当なことではありません。例外がないルールがないと言われるのは、本当に例外なくルールを徹底すると、多くの場合、どこかに無理が生じるからです。

だから「これは仕方ないな、この理由なら、ルールの本来の目的には反しないな」という場合には、ルールの字句ではなく目的に従って、例外を認めてやらないと不便です。例外を認めず、杓子定規にやると「そんな無茶なルールはいちいち守っていられない」と思われ、ルールの信頼性が失墜し、ついに誰も守らない形骸化したルールになってしてしまう恐れがあります。

その一方、例外を認めると「あのひとがOKなら私も」「Aというケースが例外と認められるなら、A+1も認められるはずだ。ということはA+2も」と、次々に例外が拡張され、ルール自体が有名無実化されかねません。

この点をよく考えるためにも、そのルールや規範の目的、そもそもの起源や経緯を探るのは非常に重要なことのように思われます。その上でこそ、果たしてその正当化装置の使い方が本当に例外として認められるべきものなのか、そうではないのかを考えることができるでしょう。 

自衛権の基層―国連憲章に至る歴史的展開

自衛権の基層―国連憲章に至る歴史的展開